動物生体機構学研究室

研究テーマ

最新の研究成果

ダミー:生命現象を基礎から理解

細胞の形が細胞の働きを変える!

私たちの研究室では,慶應義塾大学医学部先端医科学研究所の佐谷秀行教授らの研究チームとの共同研究により、細胞の「かたち」の変化が細胞の分化を直接制御する分子メカニズムを解明しました。この研究によって、「細胞の分化は特異的な転写因子の発現によって直接制御される」というこれまでの細胞生物学の常識を覆しました。

 この研究の成果は,肥満症の予防や癌細胞をつくりだす癌幹細胞の形態を変化させることによって、増殖をもたない正常な脂肪細胞へと分化転換させるという新たな癌治療の開発などへの応用展開が期待されます。


lipoxygenase阻害剤およびα-glucosidase阻害剤の分離・精製

脂肪細胞の脱分化および多能性獲得機構の解明に関する研究

私たちの体にある分化した細胞は、

カイコの変態における絹糸腺分解の分子機構

組織形成および再生機構の解明

カイコ絹糸腺分解の発動誘導に関わる因子の探索と機能解析を行う。

絹糸腺細胞のオートファジー誘導に関与している因子の探索と機能解析を行う。

植物の老化と細胞死に関する研究

細胞形態と細胞機能

イネ、トマトの葉、BY-2培養細胞やを用いて老化や細胞死への関与が示唆されているセリンプロテアーゼの生理機能解析を行う。


分泌型微小顆粒(secreted extracellular vesicles)に関する研究

DFAT細胞に由来する神経細胞の分化に関する研究

ヒト、ゼブラフィッシュ、ブリ、タバコ(葉)由来の培養細胞の培養上清とカイコの体液中の分泌型微小顆粒の形態観察、蛋白質と脂質の成分分析、分泌機構と生理機能の解明を行う。

オタマジャクシの可塑性に関与するプロテアーゼの分離精製と機能解析

肝再生機構の解明に関する研究

ストレス環境下におけるオタマジャクシの形態変化に関与しているプロテアーゼの分離精製、一次構造決定、生化学的な特性、生理機能の解析を行う。

オタマジャクシの可塑性に関与するプロテアーゼの分離精製と機能解析

核酸・蛋白質科学研究室
研究テーマ
研究室での教育