動物生体機構学研究室

地球上にはネズミからゾウまで多種多様な形をした動物が存在します。それらは無数の細胞からできていますが、いずれも1個 の細胞(受精卵)から長い時間をかけて発生し、それぞれの細胞が特殊な働きをもつことによって形づくられます。私たちの研究室では、細胞がどのような仕組で特殊な働きを獲得し、組織あるいは器官を形成するのかについて研究をしています。それらの研究成果は、病気や怪我で働きを失った細胞や組織を再生させたり、細胞の働きを変えて、他の細胞に変える技術となり、再生医療や創薬などに貢献すると考えられます。


研究テーマ
研究室での教育


お知らせ


メンバー

写真

加野 浩一郎

Koichiro KANO

教授

写真

沖 嘉尚

Yoshinao OKI

助教


〈研究員〉

西 卓史、伊林志穂

〈大学院〉

萩原玲子、村里望夢

〈学部生〉

近藤布由子、正畑夏子、古田光宏、萬條かれん、吉田七虹、渡邊琴乃



お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

研究室紹介
おもな関連施設